お金を借りる際に避けては通れない道、それが審査ですよね。この第一関門を通過できない限り、お金を借りることはできません。



審査に落ちたその理由を知りたい

いくら比較的借りやすいフリーローンとはいえ、実は落ちている人もたくさんいるのが現実。プロミスの月次データをみればその事実がわかります。

・2016年3月の月次データ

申し込みした人…44,522人

審査に落ちなかった人…19,782人

審査に落ちた人…24,740人

審査に落ちる人の方が多いんですね。審査に通過できているのはたったの44%しかいません。

審査に落ちてしまうと、何が理由で審査を通ることができなかったのかとっても気になりますが、その理由を教えてもらえる可能性は残念ながら0!なんです。社会的地位のある人だろうが、理由を教えてもらえる人はいません。



なぜなら、審査に落ちてしまったその人に、なぜどんな理由で審査に落ちたのかを教える義務はないとされているから。義務がないのに教えてくれるはずがありませんよね。いくら問い合わせをしたところで、「お答えできません」一点張りで審査に落ちた理由は知ることができないのです。



審査に落ちた理由として考えられること



審査に落ちた理由を教えてもらうことは不可能。では、審査に落ちた理由として考えられることを紹介します。

1.すでに借りている額が総量規定以上になってしまっている

総量規定というのは、個人が借り入れられる金額の上限(総量規定)のこと。これ以上は借りることができないと決められています。



2.信用情報機関3つにおいて、以前の金融事故の記録が残っている

全ての借入額を返済していても、過去に金融事故を起こしている場合には情報が残ったままになっています。



審査に落ちた理由は推測することしかできません。納得がいかないからといって裁判沙汰にしたり問題行動を起こしたりしてしまうと、ブラックリストに載せられてしまう可能性もあります。そうなってしまったら困った時にまた審査に通りにくくなってしまうので注意しましょう。





商品者金融の支払い方法






銀行カードローンの月々の返済金額は普通借入額に対応した定額リボ払いですがまとめて返済する繰り上げ返済をすることもできます。
ローンを利用するときは最初に借りる金額と毎月の収支に気をつけながら簡単な収支予定を作りましょう。
借り換えの場合、総量規制(年収1/3)の対象の消費者金融でも例外規定があるので借り入れが可能となる場合があるんです。
キャッシングを使用していて、複数業者へのカードローンやキャッシングを利用している状態になると返済先がたくさんになり返済の計画が複雑になってきます。
複数社へのキャッシングしていることを多重債務と呼びこの多重債務者の状態はローンの借換えをうまく利用することで多くのメリットを生みます。
消費者金融では貸金業法により、融資金額が50万円以上または合計で100万円を超える金額の場合、利用者の所得証明書の添付が必要となるので審査の基準も厳しくなるようです。
今日では、銀行がグループ化している一定以上の規模を持つ消費者金融は当然のこと、色々な金融系の会社が、キャッシングにおいての無利息サービスを取り入れるようになったのです。
好みに合うカードローンをチョイスしたという状況であっても、何となく心配になるのは、カードローンの審査を通過して、そのカードを持つことができるかなんですよね。
かつて支払を遅延してしまったという経験の持ち主は、それが審査を不利に導くというケースも多いです。
率直に言えば、「返済能力ゼロ」ということになり、手抜きすることなく審査されます。
自明のことですが、即日審査・即日融資が可能な商品であっても、貸付金利があまりにも高い商品だったり、テレビなどでも取り上げられている最悪の金融機関だったりしたら、契約したとしても、その後どうなるかわかりません。
キャッシングサービスというものを利用するという時には、前もって審査を受ける必要があります。
こうした審査は、現実的に申込者に支払を続けるだけの能力があるのか否かをジャッジするためのものになります。
おおよそのキャッシング事業者は、1年365日・24時間休みなしに受付けは行ないますが、審査を行うのはそれぞれの業者の営業時間中に限定されてしまうことを念頭に置いておかないといけないでしょう。
こちらのサイトは、「早急に現金が必要だ!」などと言われる人のために、即日キャッシングを扱っている事業者を、厳格にチェックし、ご紹介しているサイトというわけです。
大人気の即日キャッシングを利用するためには、審査の基準を満たさなければならないのです。
審査の内容で、最も重要視されるのが、その人の“信用情報”ということになります。

即日カードローン





住宅ローン金利ランキングのことならココまで!






最近、住宅ローン金利ランキングの住宅ローン金利比較ランキングというサイトがかなり気になります!

住宅ローン金利ランキングについて検索していたら住宅ローン金利比較ランキングがとってもおすすめ。(^O^)/

住宅ローン金利ランキングの住宅ローン金利比較ランキング

住宅ローンの固定金利、変動金利の比較サイトです。

いかがでしょうか?情報豊富なのでチェックしてみてくださいね。

住宅ローンの金利の低いネット銀行がおすすめです。

おすすめサイトです→→→住宅ローン金利









カードローンのイメージ




お金を借りるとなるとカードローンがありますが、イメージとしてあるのが、町で見かけるチラシなどの消費者金融よりも審査が厳しくて安定した職場で、そして長く勤めている年数と安定した収入から初めて、お金を借りれるようなイメージが強くあります。それに返済時の金額も高額だったり、それこそ経済的に余裕がなければ無理なんじゃないのかといったイメージもあります。
キャッシング金利ランキング【即日融資OK?気になる審査内容は?】
ですがそういったイメージとは裏腹に思わぬ銀行カードローンの審査に通ることだってあるようなので分からないものです。ですがもししっかりとした銀行カードローンが作るれるのなら一枚は持っていても損はないと思うので、専業主婦の方でも試しに審査が通るかを試してみる価値はあると思います。


関連記事


フリーローンは金利が高い!?その理由を知っておこう

フリーローンというのは、通常のローンに比べて使い道についての制限が設けられていません。ローンを組んだ人の中には、ローンを返せない状態に陥ってしまう確率が高くなり...


AX